Review: Uniball AIR (三菱鉛筆)

Review Uniball AIR(ユニボールエア)は2015年11月16日に発売された比較的新しい 三菱鉛筆社製のローラーボールペンです. AIR – 空気のように軽い書き味 空気のように軽い書き味という表現は正直しっくりきませんが,筆記感は確かに軽いです. 0.5mm径のAIR…

実験:ペーパークロマトグラフィーでローラーボール比較

概要 Vision EliteとUniball Eyeのインクの違いをペーパークロマトグラフィーで検証します. 両者のインクは見た目では区別できないものの, Vision Eliteの方が,Eyeよりも筆記時の抵抗感が僅かに小さく感じられるので, 何かが違うはず*1. 参考のため他の…

Review: Textsurfer Gel (Staedtler)

Review Textsurfer Gel(テキストサーファーゲル)は,ステッドラー社の蛍光マーカーペンです. 実用性はほぼゼロですが,個性的で面白いペンです.

Review: Uni-ball Eye(三菱鉛筆)

Review Uni-ball eye(ユニボールアイ)は,三菱鉛筆社製の水性ボールペンです. 上位版には,Vision Elite(ビジョンエリート) があります.Vision Eliteと比較しながら,簡単にレビューします.

Review: Surface Pro 4 & Surface Pen (Microsoft)

Review Microsoft Surface(マイクロソフト サーフェス)は,Microsoft社の主力タブレットPCシリーズです. Surfaceシリーズのラインナップは,Surface(無印),Surface Pro,Surface Bookの3種類. 性能は大雑把に言って,次のような関係になります. (タブ…

Uni-ball Vision Elite(三菱鉛筆)

Uni-ball Vision Elite(ユニボール ビジョンエリート)は三菱鉛筆社製の キャップ式水性ボールペン. 品番はUB-200-05. 海外で先行発売された製品で,日本国内よりも海外の方で普及しているようだ. 機能的にもデザイン的にも非常に良いペンだが,国内では…

コラム:ボールペンの選び方 (4) −− ゲルインクボールペン編

前3回の続きです. ゲルインクボールペン 水溶性の溶剤に,ゲル化剤を配合したインクを搭載したボールペンを,ゲルインクボールペンといいます.ゲルとは,粒子と溶媒が混ざりあった物質*1で,固体と液体の中間の状態にあるもののことです.別に特別な物質…

コラム:ボールペンの選び方 (3) -- 水性ボールペン編

第2回の続きです. 水性ボールペン(rollerball) 特徴および長所短所 溶剤が水溶性のものを水性ボールペンと言います.水性ボールペンのことを,英語圏ではrollerball(ローラーボール)と呼ぶようです.水性ボールペンの定義に,ゲルインクが含まれるかど…

コラム:ボールペンの選び方 (2) --低粘度油性ボールペン編

前回記事の続きです. 低粘度油性ボールペン 簡単な歴史 三菱鉛筆社は, 2006年に「ジェットストリーム」という,新開発の低粘度な油性インクを搭載したボールペンを発売しました.その滑らかな書き味のインパクトは絶大で,油性ボールペン市場を,あっとい…

コラム:ボールペンの選び方 (1) -- 油性ボールペン編

概要 一口にボールペンと言っても,実に多種多様なものが売られています.それぞれに,一長一短があり,用途に応じて使い分ける必要があります.ここでは,ボールペンを,「油性」「低粘度油性」「水性」「ゲルインク」の4種類に分類し,それぞれの特徴およ…

書評:「いかにして問題をとくか」G. Polya著,柿内賢信訳,丸善出版

概要 数学者G. Polyaの古典的名著``How To Solve It (1945)''の日本語訳である.日本語版の初版は1954年.文章はやや読みにくい.数学における「近代発見学」,つまり,解答に至るまでの思考過程の分析とその方法論について,著者の考察が詳細に描かれている…

Review: Signo-RT1 (三菱鉛筆)

Signo-RT1(シグノ RT1)は三菱鉛筆社製のノック式ゲルインクボールペンです. 本ペンの型番はUMN-155で,「Signo RT(型番:UMN-105)」の後継にあたります. Review インクは顔料配合 本ペンのインクは顔料配合*1で,耐水性・耐光性に優れます. しかし,顔料イ…