読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Review: 925 25 or 35 (STEADTLER;ステッドラー)

本ペンは ,ステッドラー社製を代表するノック式製図用シャープペンシルです. フルアルミボディで堅牢かつ精緻な作りが特徴. 本記事ではわかりやすくするために,925-25のように,正式名称にハイフンを追加して表記します. また,最近購入したばかりなので,使用期間が短いことはご了承ください.

Review

製図用シャープペンシル

製図用のシャープペンシルなので,もちろん先端はロングスリーブになっています(定規に当てることが前提の作り).筆記機能に関しては,普通のシャープペンシルとさほど変わらないと言ってしまえばそれまでですが, ペン本体の完成度は他のものと比べて非常に高いです.

フルアルミボディ

ボディはアルミ製で,かなり堅牢にできています.ノック部分もアルミ製です.中のメカニカルな部分と,ロングスリーブ部分はさすがにちがうでしょうか.何れにせよ,ペン全体は樹脂とラバー要素が徹底して排除され,金属のみで作られています.重量は,公式サイトによれば,17g*1です.小柄ながらもシャープペンシルとしては,重量感があります.

グリップ部分にはローレット加工のすべり止め施されています. そのため, 筆記感は安定しています. また,グリップ上部に,芯の硬度を表示するための窓(3H,2H,H,F,HB,B,2B)が設けられています. 表示窓はグリップと軸に挟まれる形で固定されているので,表示硬度を変更する際には,グリップを回して緩める必要があります.対応する芯の太さは,ノック部分に表示されています.

ステッドラー社の本社はドイツにありますが,ボディにはっきりとJAPANの印字があるので,本ペンは日本製です

925-35–発売20周年記念–

925-25は1990年に発売されています.2010年に20周年記念ということで, ステッドラーカラー(Night Blue)版の925-35が発売されました. 色以外に925-25と異なる点は,1.3mm版が925-35には無いというところぐらいでしょうか.

925シリーズの比較

925シリーズを表にまとめました.

品番 素材 グリップ 重量 定価[円]
925-25 シルバー アルミ ローレット 17g \1,200
925-35 ナイトブルー 同上 同上 同上 同上
925 ABS樹脂 溝ありラバー 10g \500
925-65 灰色 ABS樹脂 溝あり 11.5g \350

925-25/35 と他との大きな違いは,素材がアルミか樹脂かという点です. 日本製は925-25/35のみだと思われます. 925と925-65とは,色も違いますが,グリップにラバーがついているか・いないかの大きな違いがあります. ラバーグリップは一般的に数年で劣化してしまうので,注意してください.

最後に

ペンで製図する機会は少ないと思いますが,下書きで黒鉛芯で直線を引く機会は少なからずあるはずです.そのときに,ステッドラー社の定番シリーズである本ペンを使ってみてはいかがでしょうか.机に忍ばせておいて,浪漫に浸ってもよいと思います.925や925-65も手頃な価格でおすすめです.

*1:2.0mm芯のみ21.5g.それ以外の0.3〜1.3mm芯は17g.