『いかにして問題をとくか』G. Polya著,柿内賢信訳,丸善出版

本書は数学者G. Polyaの古典的名著“How To Solve It (1945)”の日本語訳. ちなみに,日本語版の初版は1954年.

背表紙にはいかにも古めかしいフォントで書かれたタイトルが書かれている. そのレトロな雰囲気に惹かれて,何度か立ち見したことがあったが,結局買わずじまいでいた. 高度な数学テクニックを期待してページをめくっとみると,教師と生徒が直方体の対角線の長さの求め方を論じているのだから,時代遅れの本だと思って買うことはなかった. それが最近になって,ネットで名著であることを知り購入. しかし文章がどうにも読みにくくて仕方がない. 本書の読了率は半分以下で. 名著といわれる所以は自分なりに理解できたと思う.

やはり,立ち見のときに感じた通り,解法を思いつく方法が主題ではないようだ. 少なくとも,本書を読んでも今まで解けなかった数学の問題が解けるようにはならないだろう.

数学における「近代発見学」,つまり,解答に至るまでの思考過程の分析とその方法論について,著者の考察が詳細に描かれている.読者対象は,どちらかというと学生ではなく,教える側の人間であると私は思う.書かれている事柄は,数学が得意な人にとっては,無意識に実践していることであるし,知らなかったとしても,本書を読んだから,解けなかった問題が解けるようになるとは思えない.数学以外にも応用し得るというレビューも散見されるが,それについても私は懐疑的である(具体的にどのように役に立ったのだろう?).しかし,教える側の人間にとっては,数学教育方法論の原典として,依然として価値はあるだろう.いかんせん,原著初版が出版されてから70年以上も経過しているので,色々と古いことは否めないが,名著を味わう目的で読んでみてはいかがだろうか.   (2017/09/24: 改訂&短縮化)