読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guy with Coffee Mug

備忘録を兼ねて,購入品のレビューを綴るブログ.

Review: Uni-ball Signo RT1 (三菱鉛筆)

概要

三菱鉛筆社製のノック式ゲルインクボールペンである.「Signo RT(型番:UMN-105)」の後継にあたる.本ペンの型番はUMN-155である.デザインは一新され,洗練された印象を受ける.さらに,ペン先のチップ(先端部分)とインクも改良されていて,筆記感はより滑らかになっている.全体的な完成度は非常に高い.ただし,ノック部分がカタカタと鳴るのが大きな欠点であり,改善が望まれる.

Review

インク

本ペンのインクは,水性顔料配合のゲルインクである.筆記感は滑らかでありながら,程よい抵抗感があり,書きやすい.筆者には,「Signo RT」よりも滑らかに感じられる.公式サイトよれば,インクの配合を多少なりとも変更したようである.

インクの配合を見直し、インク色の鮮やかさやにじまず極細描線が書ける特長はそのままに、なめらかさを向上させました。濃く、にじまない水性顔料インクを使用。耐水性、耐光性にもすぐれています。

この変更が,より滑らかな筆記感を生み出していると推測する.

もちろん,ゲルインクなので,水性インクのような文字のにじみはない.

「エッジレスチップ」

公式サイトで謳われているように,チップのボール付近にあった角は,処理されて滑らかになっている.紙との摩擦を低減し,滑らか筆記感を生み出しているようである.ただし,インクにも改良が加えれれているので,チップの改良が,どれほど寄与しているのかは定かではない.個人的には,インクの筆記感への影響の方が大きいと考える.

洗練された「ワンモーションデザイン」

「スケルトンボディにラバーグリップ」というノック式ボールペンの定番デザインからついに脱却し,全体的に一新された.非常に洗練されたデザインと言える.ペン先ギリギリまで覆う硬質ラバーグリップと軸本体は一体的に作られている.軸本体部分は若干透明である.目を凝らせば,リフィルのインク残量を確認できないこともない.

ノック部分のかたつき

ノック部分のデザインも一新された.「Signo RT」では,よくあるように,軸本体にクリップがついていたが,本ペンでは,親指で押す部分にクリップの根本が結合している.これが災いしてか,ノック部分が結構な音量でカタカタと音を立てる.筆記の振動でも音が鳴るのが少々煩わしい.製作過程で単に見過ごされたとは考えにくいが,何か理由があったのだろうか.何れにせよ,これは本ペン唯一にして最大の欠点であり,改良が望まれる.

リフィルの互換性

ジェットストリームの替芯(SXR-7等)と互換性がある.