Review: Uniball AIR (三菱鉛筆)

Review

Uniball AIR(ユニボールエア)は2015年11月16日に発売された比較的新しい 三菱鉛筆社製のローラーボールペンです.

AIR – 空気のように軽い書き味

空気のように軽い書き味という表現は正直しっくりきませんが,筆記感は確かに軽いです. 0.5mm径のAIRで,Vision Elite(同社)やバイオニックワーカー(スタビロ) と同等でぐらいでしょうか.Vコーン(パイロット)やUniball Eye(同社)より軽いように感じます. ただ,0.7mm径のものは重めに感じます.
筆跡に濃淡が付くほどインクフローは多め.その一方で,乾きは遅いようなので注意が必要です.紙の質によっては,すぐにインクが浸透せずに,結構長い時間,紙の表面に留まることもあるようです.

筆記角度により描線幅が変化

AIRの最大の特徴は,立てて書けば描線が細くなり,寝かせて書けば太くなるするという風変わりな機構を搭載しているところです. 使っていて気づきませんでしたが,公式サイトによると.筆圧によっても描線の太さが変化するようです.
角度で描線の強弱がつけられるということは,トメ・ハネ・ハライの書き分けが必要な日本語の筆記を想定して作られたと思いますが,気分によって,太く書きたいときは寝せる,細く書きたいときは 立てるという使い方が出来て意外に便利です.

チップが樹脂で覆われている

チップ(ボールを保持している先端の金属部分)が本体と同じ色の黒色樹脂で覆われています. 筆記時に僅かにザリザリした抵抗感を感じるのはこの樹脂カバーの所為でしょうか? 個人的には好きな抵抗感です.ペン先の金属光沢が黒で遮蔽されるというところも, 私にとっては好都合です.
樹脂であるが故に,使っていくうちに摩耗して手に馴染むそうです(公式サイトより).数ヶ月使ってみましたが,私には実感できませんでした.

デザインは可もなく不可もなく

キャップは半透明で,グリップは滑り止めはなく,ツルツルのプラスチック. ペン先の辺りに変なデザインが施されていますが,これには特に意味は無いようなので,無くとも良かったと思います.全体的には可もなく不可もなくといったところです.

まとめ

Uniball AIRは,技術やコンセプトに関しては非常にユニークで他に類を見ないペンですが,その一方で実用性もきちんと兼ね備えています.筆記感は水性ボールペンの中でも最軽量級で, 同社のUniball Eyeより軽く,Vision Eliteと同等ぐらいではないでしょうか. インクの乾きが遅いという大きな欠点がありますが, それでも私にとっては,何となく手が伸びてしまうという不思議と魅力的なペンなのでした.