Uniball AIR (三菱鉛筆)

Uniball AIR(ユニボールエア)は2015年11月16日に発売された三菱鉛筆社製のローラーボールペンである. 1年間程使ってみたので,レビューを書いておく.

筆記感は名前にAIRとある通り確かに軽い(空気のように軽い書き味という表現は正直しっくりこないが). ボール径が0.5mmのAIRで,Vision Elite(同社)やバイオニックワーカー(スタビロ) と同等でぐらいだろうか. Vコーン(パイロット)やUniball Eye(同社)より軽いように感じる. 筆跡に濃淡が付くほどインクフローは多め.その一方で,乾きは遅いようなので注意が必要である.

AIRの最大の謳い文句は, 筆圧と筆記角度によって描線の太さがコントロールできることである. つまり,ペンを立てたり弱めに書けば描線が細くなり,逆にペンを寝かせたり強めに書けば太くなるということである. これは普通のボールペンでも当たり前のことだが,AIRの場合は特に強弱がつけやすくなっているということらしい. ペンを紙に押し付けるとペン先(ボール?)が若干沈み込むので,これが強弱を生み出しているのだろう. トメ・ハネ・ハライの書き分けが必要な日本語の筆記には便利だと思う.

もうひとつのAIRの特徴は,チップ(ボールを保持している先端の金属部分)を覆う樹脂カバーである. これが滑らかな筆記感を生み出しているとのこと. さらに,樹脂であるが故に,使っていくうちに摩耗し,自分の手に馴染むらしい(公式サイトより). 1年間は使ってみたが,私には実感できなかった. 逆に,樹脂が損傷して毛羽立ってしまい,筆記に悪影響が出たということがあり,欠点の方が大きいように思える. 試しに樹脂部分を削ってみると,普通に金属チップが露出し筆記可能になったが,やはり筆記感は微妙に なってしまった. 樹脂カバーについては機能性云々よりも,ペン先の金属光沢が黒で遮蔽されるのが個人的には嬉しい.

キャップは半透明で,グリップは滑り止めはなく,ツルツルのプラスチック. ペン先の辺りに変なデザインが施されてるが,これは無いほうがシンプルで良かった. 全体的には可もなく不可もなくといったところ.

最後にまとめ.使い始めはなかなか軽快な筆記感で好印象だったが,使っていくうちに 樹脂カバー周りの不具合が発生し,使用頻度は下がっていった.ただ,日本語を書く場合 (特に宛名書き)には最も良いボールペンであると思う. しかしながら総合的に見て,同社のVision Eliteのほうが優れているというのが結論である.

(2017年12月7日大幅改訂)