BiboBlog?

備忘録

大阪北部地震

昨日(6.18)発生した大阪北部地震に関して,被災された方々に心よりお見舞い申し上げます. 前震の可能性もあるので引き続き注意が必要です.

東日本大震災の場合

3.11東日本大震災(本震) www.tenki.jp

3.9東日本大震災(前震) www.tenki.jp

【参考】震度6弱以上の地震リスト

www.tenki.jp

『THE MAKING』という動画シリーズ

『THE MAKING』という動画シリーズでは,様々な製品の製造過程が紹介されています. 動画総数は300以上あり,とても全部は見れそうにないので,筆記具とノートに関するものをリストアップしました. 動画中の説明はすべて字幕で行われ,ナレーションは一切ありません. 動画の長さは約14分と結構長いですが,最後の数分はダイジェスト映像になっているようなので,忙しい場合は最後の部分だけ見ても良さそうです.

はてぶより

sciencechannel.jst.go.jp

sciencechannel.jst.go.jp

sciencechannel.jst.go.jp

sciencechannel.jst.go.jp

sciencechannel.jst.go.jp

sciencechannel.jst.go.jp

sciencechannel.jst.go.jp

YouTubeより


THE MAKING (6)鉛筆のできるまで


THE MAKING (255)オイルパステル(クレパス)ができるまで


THE MAKING (21)万年筆ができるまで


THE MAKING (139)消しゴムができるまで


THE MAKING (118)ボールペンができるまで


THE MAKING (207)フェルトペンができるまで

はてなブックマーク

はてなブックマークをはじめてみました。

はてなブックマーク - unikeros18のブックマーク

ブログにも簡単に貼り付けられるので便利です。

International Coffee Organization - Historical Data on the Global Coffee Trade

ICO(国際コーヒー機関)の統計資料

2018/06/06 09:10

『Performer+ 』STABILO社初の低粘度油性ボールペン

『Performer+(パフォーマープラス)』はSTABILO(スタビロ)社低粘度油性ボールペンである。 PDFのパンフレットはこちら。 STABILO社には油性ボールペンのイメージはまったくなかったが,いつのまにか低粘度油性ボールペンを発売していた。 正確な発売日は検索しても分からなかったが,公式の日本語サイトによると,発表されたのは2016-2-17と書いてあった。 「ジェットストリーム」から始まった低粘度油性の流行を,海外メーカーも追いかけはじめたという感じだろうか。

グリップの素材はラバーであるが,硬質でさらさらした手触りが心地良い。 "Comfort Grip" というらしい。 しかし,使い切る頃にはさすがに少しベタつきが気になった。

グリップの形状は,真円ではなく楕円である。これが握りやすいと思うか, 握りにくいと思うかは人によるだろう。

肝心のSTABILO社初という低粘度油性インクについてだが,ぺんてる社の「VICUNA(ビクーニャ)」に似ているような気がした。 そっくりと言ってしまってもよいかもしれない。 インク粘度は低く,「ジェットストリーム」や「アクロボール」に比べてベタつく印象で,書くときに紙にインクを塗りつけるような感覚を覚える。 個人的にはこれが好みだったので,いつまにか使い切っていた。

仕様

  • 低粘度油性インク
  • ノック式
  • グリップ:硬質ラバー,楕円形
  • ボール径:XF(0.5mm)のみ?

メモ:『数学公式鉛筆』(STAEDTLER)

数学公式鉛筆 (品番1810)』は,その名の通り, 数学公式がプリントしてあるSTAEDTLER社製の丸軸鉛筆である。 STAEDTLER社の鉛筆といえば,青色の『ルモグラフ』が有名だが, 丸軸鉛筆はこれが初めてらしい。 私はこの鉛筆は持っていないが,ふと公式ページで目に止まって, 気になることがあったので,記しておく。

ウェブサイトの方には,公式の一例が載っているが,それを見る限り, 中学校までに習う基礎的な公式がプリントされているようだ。 幾つかピックアップしよう。

(a+b)2 = a2 + 2ab + b2 , ...

これは展開あるいは因数分解の公式だ。

Pythagoras: a2 + b2 + c2, ...

これはピタゴラスの定理のはずだが,お気づきの通り,間違っている。 正しくはa2 + b2 = c2である。 単なるウェブサイトの誤植だと思うが,機会があったら実物を確認したい。

△U = a+b+c, ●A = πr2, ..., π〜3.1415

これは,△U は三角形の周の長さ,●Aは円の面積を表しているようだ。 π〜3.1415は円周率の近似値を表しているが,単に数字をぶつ切りしたため,損をしている。3.14159を四捨五入して, π〜3.1516とするのが普通である。

数学公式の他にも「九九の表」がプリントされたバージョン鉛筆もあるようだ。 こちらのほうが,デザイン的には良さそうに見える。 いずれにせよ,実物を確認したい。□