BiboBlog

備忘録を兼ねて文房具や書籍のレビューを綴る。

『Uniball Vision Elite』が廃番に

水性ボールペンの中では個人的ベストだった「Vision Elite(ビジョンエリート)」が廃番(国内販売終了)になっていたようだ。 水性ボールペン一覧を作成するときに,公式サイトから消えていることに気づいた。 Webカタログにも載っていないので,廃番はほぼ…

水性ボールペン私的一覧(2018)

2018年5月時点で日本国内で販売されていて,かつ安価なキャップ式水性ボールペン(ローラーボール)をリストアップした。 完全なリストを目指してはいないが,水性ボールペンの種類自体が少ないので,ほとんど網羅していると思う。 基本データは以下の形式で…

『Performer+ 』STABILO社初の低粘度油性ボールペン

『Performer+(パフォーマープラス)』はSTABILO(スタビロ)社初の低粘度油性ボールペンである。 PDFのパンフレットはこちら。 STABILO社には油性ボールペンのイメージはまったくなかったが,いつのまにか低粘度油性ボールペンを発売していた。 正確な発売日は…

メモ:『数学公式鉛筆』(STAEDTLER)

『数学公式鉛筆』は,その名の通り, 数学公式がプリントしてあるステッドラー社製の丸軸鉛筆である。 ステッドラー社の鉛筆といえば,青色のルモグラフが有名だが,丸軸鉛筆はこれが初めてらしい。私はこの鉛筆は持っていないが,ふと公式ページで目に止ま…

『パワータンク スタンダード』(三菱鉛筆)

『パワータンク スタンダード』は相当に頼れる奴である。 紙が濡れていようと氷点下だろうと,**どんな過酷な状況下であっても,とにかく書ける。** 信頼性に関しては「パワータンク」の右に出るものはいない。 外出時に携帯するペンを一本選ばなくてはなら…

廃番:ロッキー (Pilot)

「ロッキー 」ははじめて一生使って行きたいと思ったボールペンであった。シルバーを基調としたデザインで,洗練された印象ではなかったが,長期間使って悪いとは思わなかった。 重量は軽めで,握り心地はベストだった。 とにかくペン先がコントロールしやす…

廃番:ベガ(Pilot)

「スパーク」同様,「ベガ」もPilot社の太軸油性ボールペンのラインナップの1つであった。全体的に透明で曲線的な形状をしている。デザインはちょっとスマートさに欠けるが,奇をてらった感じもなく悪くない印象であった。グリップ部分はちょうどよい太さで…

廃番:スパーク(Pilot)

当時,太軸の油性ボールペンを探してたどり着いたのがこの「スパーク」という油性ボールペンだ。 シャープペン版のスパーク(驚くべきことにまだ売っている!)も使っていたのだが, 店頭でボールペン版を見つけたのは,かなり後になってから。軸は半分ラバ…

エナージェルインフリー(ぺんてる)

エナージェル(energel)の新カラーインクが限定品の「エナージェルインフリー」として発売された。発売後しばらく経ったが,Loft等でまだ販売しているようだ。 透明軸にシルバーを基調としたデザインで,インクカラーは黒,青,ブルーブラック, オレンジ,タ…

オレンジEG 0.7/1.0 (BIC)

BICのボールペンと言えば,このキャップ式の油性ボールペン「オレンジEG」だろう。 その名の通り,軸がオレンジ色をしている。 昔はフランス製で,つい最近までは中国製だった。 今はチュニジア製である。色味も主張が強めのオレンジ色になった。 軸は鉛筆の…

ボールPentel 45周年限定カラー(ぺんてる)

「ボールPentel」の発売45周年を記念して, 限定カラー(イエロー,エメラルドグリーン,パープル)が販売されている. 限定カラーは軸の色の話であって,インク色は定番の赤青黒である. 限定7色セットも同時に発売されていて,これは真に軸もインクも色と…

Textsurfer Gel (Staedtler)

Review Textsurfer Gel(テキストサーファーゲル)は,ステッドラー社の蛍光マーカーペンである. 実用性は正直なところ低いが,書き味が面白い. ステッドラー テキストサーファーゲル 264‐1 イエロージャンル: キッチン・日用品雑貨・文具 > 文具・事務用品 …

ゲルインクボールペンのキャップ式とノック式の違い

ゲルインクボールペンにはキャップ式とノック式のものが売られている.経験上,キャップ式の方がインクの出が良く,軽くサラサラと書けることが多い.これは何故だろうか? 今回は,それを説明するための根拠をネット上で見つけたので記録しておく. 三菱鉛…

『いかにして問題をとくか』G. Polya著,柿内賢信訳,丸善出版

本書は数学者G. Polyaの古典的名著``How To Solve It (1945)''の日本語訳. ちなみに,日本語版の初版は1954年. 背表紙にはいかにも古めかしいフォントで書かれたタイトルが書かれている. そのレトロな雰囲気に惹かれて,何度か立ち見したことがあったが,…

Uniball AIR (三菱鉛筆)

Uniball AIR(ユニボールエア)は2015年11月16日に発売された三菱鉛筆社製のローラーボールペンである. 1年間程使ってみたので,レビューを書いておく. 筆記感は名前にAIRとある通り確かに軽い(空気のように軽い書き味という表現は正直しっくりこないが)…

Review: Uni-ball Eye(三菱鉛筆)

Review Uni-ball eye(ユニボールアイ)は,三菱鉛筆社製の水性ボールペンです. 上位版には,Vision Elite(ビジョンエリート) があります.Vision Eliteと比較しながら,簡単にレビューします.

『Uni-ball Vision Elite』(三菱鉛筆)

キャップ式水性ボールペンである. 品番はUB-200-05. 海外で先行発売された製品で,日本国内よりも海外の方で普及しているようだ. 機能的にもデザイン的にも非常に良いペンだが,国内では大手文具店でないと 売っていないのが残念でも取扱が減っていて入手…

コラム:ボールペンの選び方 (4) −− ゲルインクボールペン編

前3回の続きです. ゲルインクボールペン 水溶性の溶剤に,ゲル化剤を配合したインクを搭載したボールペンを,ゲルインクボールペンといいます.ゲルとは,粒子と溶媒が混ざりあった物質*1で,固体と液体の中間の状態にあるもののことです.別に特別な物質…

コラム:ボールペンの選び方 (3) -- 水性ボールペン編

第2回の続きです. 水性ボールペン(rollerball) 特徴および長所短所 溶剤が水溶性のものを水性ボールペンと言います.水性ボールペンのことを,英語圏ではrollerball(ローラーボール)と呼ぶようです.水性ボールペンの定義に,ゲルインクが含まれるかど…

コラム:ボールペンの選び方 (2) --低粘度油性ボールペン編

前回記事の続きです. 低粘度油性ボールペン 簡単な歴史 三菱鉛筆社は, 2006年に「ジェットストリーム」という,新開発の低粘度な油性インクを搭載したボールペンを発売しました.その滑らかな書き味のインパクトは絶大で,油性ボールペン市場を,あっとい…

コラム:ボールペンの選び方 (1) -- 油性ボールペン編

概要 一口にボールペンと言っても,実に多種多様なものが売られています.それぞれに,一長一短があり,用途に応じて使い分ける必要があります.ここでは,ボールペンを,「油性」「低粘度油性」「水性」「ゲルインク」の4種類に分類し,それぞれの特徴およ…

Review: Signo-RT1 (三菱鉛筆)

Signo-RT1(シグノ RT1)は三菱鉛筆社製のノック式ゲルインクボールペンです. 本ペンの型番はUMN-155で,「Signo RT(型番:UMN-105)」の後継にあたります. Review インクは顔料配合 本ペンのインクは顔料配合*1で,耐水性・耐光性に優れます. しかし,顔料イ…