BiboBlog

備忘録を兼ねて文房具や書籍のレビューを綴る。

エナージェルインフリー(ぺんてる)

エナージェル(energel)の新カラーインクが限定品の 「エナージェルインフリー」として発売された。 発売後しばらく経ったが,Loft等でまだ販売しているようだ。

透明軸にシルバーを基調としたデザインで,インクカラーは黒,青,ブルーブラック, オレンジ,ターコイズブルーの5色である。エナージェルシリーズは黒赤青の定番3色しか 無かったから,待望の多色展開と言えよう。ターコイズブルーは特に希少だ。 私は替芯をまとめ買いした。 オレンジとターコイズブルーはボール径*1が0.5mmのものしか無いので注意されたい。

エナージジェルインフリーは通常版と同様に非常に書きやすい。 通常ラインナップにそっくりそのまま付け加えればいいのに,と率直に思う。

最後にどうしても見過ごせないので書いておこう。冗談半分で読んで欲しい。 公式ページの「コンセプト」のところは全体的に理解に苦しむ。 標語的にinput, Inspiration, interactiveと書いてあるが,なぜ循環するように矢印が配置されているのだろうか。 しかも,Inspirationだけ頭文字が大文字になっている。interactiveは形容詞だから,名詞のinteractionにすべきではないのかとか,つまらない揚げ足を取りたくなる。 さらに, 以下のように書いてあるが,根拠が全く示されていない。

エナージェルインフリーは,記憶するだけでなく直感的なひらめきや,書いて双方向なやり取りと活性化させるボールペンです[...]

さすがに強引すぎると思う。酩酊状態で考えたのだろうか。

f:id:unikeros18:20180520112119j:plain
画像はペンテル社の公式ページより引用。

*1:ちなみに公式ページでは誤植で「系」になっている。