BiboBlog?

備忘録

メモ:『数学公式鉛筆』(STAEDTLER)

数学公式鉛筆 (品番1810)』は,その名の通り, 数学公式がプリントしてあるSTAEDTLER社製の丸軸鉛筆である。 STAEDTLER社の鉛筆といえば,青色の『ルモグラフ』が有名だが, 丸軸鉛筆はこれが初めてらしい。 私はこの鉛筆は持っていないが,ふと公式ページで目に止まって, 気になることがあったので,記しておく。

ウェブサイトの方には,公式の一例が載っているが,それを見る限り, 中学校までに習う基礎的な公式がプリントされているようだ。 幾つかピックアップしよう。

(a+b)2 = a2 + 2ab + b2 , ...

これは展開あるいは因数分解の公式だ。

Pythagoras: a2 + b2 + c2, ...

これはピタゴラスの定理のはずだが,お気づきの通り,間違っている。 正しくはa2 + b2 = c2である。 単なるウェブサイトの誤植だと思うが,機会があったら実物を確認したい。

△U = a+b+c, ●A = πr2, ..., π〜3.1415

これは,△U は三角形の周の長さ,●Aは円の面積を表しているようだ。 π〜3.1415は円周率の近似値を表しているが,単に数字をぶつ切りしたため,損をしている。3.14159を四捨五入して, π〜3.1516とするのが普通である。

数学公式の他にも「九九の表」がプリントされたバージョン鉛筆もあるようだ。 こちらのほうが,デザイン的には良さそうに見える。 いずれにせよ,実物を確認したい。□