BiboBlog

備忘録を兼ねて文房具や書籍のレビューを綴る。

オレンジEG 0.7/1.0 (BIC)

BICのボールペンと言えば,このキャップ式の油性ボールペン「オレンジEG」だろう。 その名の通り,軸がオレンジ色をしている。 昔はフランス製で,つい最近までは中国製だった。 今はチュニジア*1である。色味も主張が強めのオレンジ色になった。 軸は鉛筆のように細身の正六角形で,軽い。 キャップはインク色と同じ色をしている。 ただ,キャップの先端は穴が空いていて, 密封されているわけではない。

BICのボールペンというと昔ながらの油性ボールペンよろしく, 強い筆圧でグリグリ書かなければならないイメージがあった。 しかし,最近ではBIC社が「イージーグライドインキ」と呼ぶ滑らかインクになり, そこまで力を入れなくても,適度に滑って書ける。 昨今のジェットストリームのような低年度油性ボールペンが滑りやすいと感じる人 にはおすすめである。しかも,価格も1本80円と安い。 ボール径が0.7mmのものもあるが,太めの1.0mmの方がBICらしく感じられるだろう。 Loftや一部コンビニで販売されているので,意外に入手性も悪くない。 ちなみに,郵便局の備え付けボールペンとして,オレンジEGが採用されているところもあるようだ。

ちなみに,20本セットも売られていて,更に安く買える。