BiboBlog?

備忘録

『Performer+ 』STABILO社初の低粘度油性ボールペン

『Performer+(パフォーマープラス)』はSTABILO(スタビロ)社低粘度油性ボールペンである。 PDFのパンフレットはこちら。 STABILO社には油性ボールペンのイメージはまったくなかったが,いつのまにか低粘度油性ボールペンを発売していた。 正確な発売日は検索しても分からなかったが,公式の日本語サイトによると,発表されたのは2016-2-17と書いてあった。 「ジェットストリーム」から始まった低粘度油性の流行を,海外メーカーも追いかけはじめたという感じだろうか。

グリップの素材はラバーであるが,硬質でさらさらした手触りが心地良い。 "Comfort Grip" というらしい。 しかし,使い切る頃にはさすがに少しベタつきが気になった。

グリップの形状は,真円ではなく楕円である。これが握りやすいと思うか, 握りにくいと思うかは人によるだろう。

肝心のSTABILO社初という低粘度油性インクについてだが,ぺんてる社の「VICUNA(ビクーニャ)」に似ているような気がした。 そっくりと言ってしまってもよいかもしれない。 インク粘度は低く,「ジェットストリーム」や「アクロボール」に比べてベタつく印象で,書くときに紙にインクを塗りつけるような感覚を覚える。 個人的にはこれが好みだったので,いつまにか使い切っていた。

仕様

  • 低粘度油性インク
  • ノック式
  • グリップ:硬質ラバー,楕円形
  • ボール径:XF(0.5mm)のみ?